×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「な、なぜお前がここに!?」

ふぎんが言う

「ふん、暴れられる上に賞金まででるんだ。これを見逃す手はないだろう」

そう吐き捨て、ドロイカンの群れに突進していくプレッシング

「ふ〜くん知り合い?」

「ん?ああ、ちょっとした、ね」

さりげなく答えるふぎん

「ふ、ふぎんさん・・・あれ・・・!」

アカハナがプレッシングを指差す

「ふんっ!」

プレッシングが重い突きをドロイカンに突き刺す

ドロイカンの体に巨大な風穴が開く

「はぁっ!」

槍を引き抜くやいなや、高速の突きを無数に繰り出す

ドロイカンの体の4分の3に風穴が開く

絶命を確認することなく次の獲物に襲い掛かるプレッシング

「す、すごい・・・!」

アカハナが感嘆の声を上げる

(いや、まだまだ力を温存しているな・・・)

ふぎんが無言でプレッシングを見つめる

「ふぎんさん!?ふぎんさんじゃない!?」

声につられて振り向く三人

そこにはヘルサス、メタス、マリーネ、ブルーの姿があった

「あれ!?みんなどうしてここに!?」

「それはこちらのセリフですよ・・・なぜこんなところに?」

「みんな」

ブルーが言う

「それは後だ。ふぎん君、状況は?」

「見ての通り劣勢だね。けど、ひとりで戦況を変えることができる男が現れて、今、敵の本陣に突っ込んでいってるよ」

一同の目には次々とドロイカンを撃破していくプレッシングの姿が目に映る

「・・・・・・」

ブルーがしばし考え込む

「よし」

何かを決めたように顔を上げる

「ふぎん君、メタス君達三人を連れてあの騎士の援護に回ってくれないか?」

「それはいいけど、ブルーさんは?」

「俺は傭兵達を引き連れて敵の中心部に突撃してみるよ」

「そ、それは危険なのでは!?」

「大丈夫。なんとかなるよ」

「なんとかなる・・・その自信は何か策があるとでも?」

メタスがブルーに問う

「ん?根拠はないけど、なんとかなるよ」

「・・・」

「あいかわらず、しっかりしてるんだかしてないんだか」

マリーネが目を覆う

「みんな!!」

自ら率いてきた部隊に向かってブルーが声を上げる

「これより我が隊は、敵中心部にむかって突撃する!」

「俺に続け!行くぞおおお!!」

腕を突き上げ鼓舞するブルー

「おおおおおおお!!」

マントを翻し、集団の先頭を駆けていくブルー

ブルーに続き、続々と突撃していく傭兵達

「うちらも行こうか。あの騎士といえど、これだけの数を援護なしで切り抜けれるはずがないしね」

「マリーネさん、先頭頼めるかい?」

「ん?まかしときなって!」

「目標はあの騎士。合流したら連携して敵の殲滅に当たる。いいね?みんな!」

「了解!!」

ふぎん達6人もプレッシングに向かって移動をはじめた
















「せやああ!!」

相変わらず孤軍奮闘を続けるプレッシング

とはいえ、さすがにドロイカンを30匹も相手にしていれば

いかに強靭な肉体を持ってしても疲れが出てくるのは当然だ

「ちっ!!思った以上に耐久力がありやがる・・・」

ドロイカンから槍を引き抜きながらプレッシングが言う

「とはいえ、一旦引くにしても騎士団じゃな・・・」

プレッシングが考えごとをしている隙に後ろからドロイカンが炎を浴びせる

「ぐっ!?ちぃっ!!」

炎をまともに浴び、たまらず後ろに飛ぶプレッシング

「考えてる暇はない・・・か。上等だ!」

かまわずにドロイカンに突進していくプレッシング

そこに

「カーズディフェンス!!」

ドロイカンの皮膚が柔らかくなる

「はぁあああ!!」

「やあああああ!!」

マリーネとアカハナが同時に切りかかる

ドロイカンの体に×の印が刻まれる

たまらず倒れこむドロイカン

そこへ

「フレアバースト!!」

倒れこんだドロイカンにとどめの一撃を見舞うヘルサス

「なっ・・・」

驚いた表情のプレッシング

「いくらあんたでもこれだけの数を相手にするのは無理だろう。及ばずながら力を貸すよ」

「スーパーリカバリ!」

「ブレシングスキル!!」

メタスが後方からプレッシングに魔法をかける

みるみる内にプレッシングの体内に力と体力が戻ってくる

「ちっ・・・おおきなお世話だ」

バッと音を立ててマントを翻すプレッシング

「・・・礼は言っておこう」

「だが、ここからはついてくるな。俺一人で十分だ」

「すこしはこっちの話を聞きなって。ルアスを守りたい気持ちは同じだろう?」

「俺は金の為に戦っているんだ。ルアスなんてしったこっちゃない」

はぁとため息を出すふぎん

「じゃあこっちはこっちで勝手にやらせてもらうさ」

「ああ、そうしろ」

そう言い残してドロイカンの群れに突進していくプレッシング

「つあああ!!」

ドロイカンに槍を突き出すプレッシング

しかし、他のドロイカンに攻撃され、わずかに的をはずしてしまう

すぐに体勢を立て直す

しかしそこへ

「アイススパイラル!!」

「フレアバースト!!」

突如魔法の二連撃がドロイカンを襲った

「まさか・・・」

プレッシングが後ろを振り返る

そこにはふぎん達の姿があった

「お前達・・・ついてくるなといったはずだ!」

「だからさ〜・・・」

ふぎんが言う

「こっちも勝手にやらせてもらうっていったじゃないか」

「っ!」

フフンと笑うふぎん

「・・・好きにしろ。だが足手まといにはなるなよ」

再びドロイカン相手に突進するプレッシング

「そういうことだ。みんな、がんばろうじゃないか!」

プレッシングの後に6人が続いて走っていったのであった





















「ぬおおお!!」

ブルーがドロイカンの炎を盾で払いのけひたすら前進を繰り返す

「みんな!中心部まであと少し!!がんばるんだ!!」

おおおおおお!!と声があがる

「む、あれは・・・人間か!?」

ブルーが中心部に立つ一人の人間を発見した

(どうやらあいつが指揮してるみたいだな・・・!)

ブルーが他の傭兵よりも一足先に中心部にたどりついた

しかし、そこでブルーは驚愕のものを目の当たりにする

「ば・・・・ばかな・・・!?」

「そんなばかな!?」

ふるふると震えだすブルー

「なぜお前がここにいる・・・・!?」

そう呼ばれた男が口を開く

「やっぱきたか・・・そろそろ来るんじゃないかと思ってたぜ!なぁおやじ!!」

そういって大剣を抜きブルーに向かって構える男

「どういうことだ・・・・!?」

ブルーが声を荒げる

「答える必要はねぇよ」


男が言う




「答えろ!!テリエ!!」