×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「おやじぃ・・・!!お前とは一回真剣に戦ってみたいと思ってたんだぜ!」

テリエが剣を振り払う

「なぜお前が・・・!?」

ブルーは驚きと戸惑いを隠せない

「ふん、そんなことはどうでもいいんだよ!こないならこっちからいくぞ!!」

剣を振りかぶりまっすぐにブルーに突進するテリエ

「くっ・・・!!」

ブルーが横に飛んでテリエの突進をかわす

「つああっ!」

かわされた瞬間に地面を蹴りブルーに追いつくテリエ

横に飛んだ状態から強引に剣を振るう

それを盾で受け止めるブルー

「一体どうしたんだ!!俺はお前と戦うつもりはない!」

「どうしたもこうしたもあるかよ!単におやじと戦いたい、それだけだ!」

重くはないがすばやい斬撃を繰り出すテリエ

それを紙一重でかわすブルー

「そらそらそら!!手を出さなきゃ終わっちまうぞおやじ!」

(戦闘状態になったテリエに話は通じないか・・・!ならば動けなくして!)

「ぬん!」

テリエの横の振り払いを盾ではじき返すブルー

「ゆるせ!」

右手に持った槍をテリエに突き出す

「甘えよおやじ!」

はじかれた剣を流れに逆らわずに体を回転させ槍をかわしながら回転斬をくりだすテリエ

剣がブルーの甲冑にめり込む

「ぐっ!!」

そのまま吹っ飛ぶブルー

「相変わらず丈夫だなぁその鎧。どこで手にいれたか教えてもらいたいくらいだぜ」

「さぁ、立てよおやじ!」

砂煙の中からブルーが姿を現した

(やはりあいつを相手に手加減などできんか・・・!)

兜を被りなおすブルー

「テリエ!なぜそうなったのか、これが終わったら答えてもらうぞ!!」

「ああ、俺に勝てたらなぁ!!」

両者が同時に距離を詰める

「ぬおおおお!」

ブルーが槍を繰り出す

それを体半分でかわし上からの斬撃を見舞うテリエ

キィィンッ!と金属音が響く

ブルーが左手にもった盾で防いだ音だった

そのまま槍をテリエごと横に払うブルー

槍に押されて横方向に飛ばされるテリエ

それを追撃に入るブルー

テリエが空中に浮いたままの状態でブルー槍を突き出す

それを剣の刀身で受け止めるテリエ

「なにぃ!?」

「この剣をなめるなよ、おやじ!」

剣で受け止めた状態で蹴りをブルーに食らわし距離をとるテリエ

「くそ・・・!やはりあいつが相手では良くても相打ちか・・・!」

「ここは心苦しいが、傭兵の力をかり・・・」

ブルーが後ろを振り向いた瞬間、またしても目を疑いたくなるような光景が広がっていた

「り、リオナ・・・なのか・・・!?」

30人はいた傭兵達は全滅し、そこに立っているのは一人の男だけだったのだ

「くっくっく・・・おやじ、相変わらず浅はかだな」

「何だと!?」

「お前がどれだけ善戦しようがテリエ相手では苦戦は必死。そこで考えるのは傭兵達と協力すること、だろ」

リオナがブルーに言う

「リオナ!!お前まで・・・一体どうしたんだ!!」

「くく・・・さぁな。」

「答えろ!!」

「答えろといって答えるやつがいるなら苦労はしないな」

「くっ・・・!いったいお前達に何が・・・!?」

「すべてが終わったら教えてやるよ、おやじぃ!」

テリエがブルーに向かって飛ぶ

(まずい!!この二人を同時に相手するなんてできるわけが・・!)

「ぐはっ!?」

テリエの突進が何者かに止められた

「面白そうだ・・・こいつの相手は俺がする!邪魔するなよ!!」

プレッシングがふぎんに向かって言い放ちながらテリエに追撃をかける

「はいはい・・・どっちにしろあんたしか相手できないって」

「ふぎん君か!?」

「うち達もドロイカンを殲滅しながら中心部に向かっててね。そしたらブルーさんが戦ってたってわけさ」

「すまん・・・助かったぞ!」

ふぎんがブルーと言葉をかわしている最中にリオナは無言でふぎんに忍び寄っていた

「ふぎんくん!?あぶな・・・!」

「はっ!?」

ふぎんがリオナに気がついた瞬間

キィィンと音が響く

「やらせないよ!お前の相手はこのあたしさ!」

マリーネがダガーを剣の刀身で受け止めたのだ

「うおおおお!!」

アカハナがリオナに斬りかかる

それを音も立てずに後ろに移動し、かわすリオナ

アカハナの剣が地面にめり込む

「くっくっく・・・おやじ・・・本当にこいつらで勝てるとでも思っているのか?」

「ああ・・・勝ってみせるさ!」

「さすがにお前でも7対1じゃ勝てないさ!」

「7対1・・・?7対2の間違いだろう」

「ぐおおおお!!」

吹き飛ばされブルーに激突するプレッシング

「プレッシング君でも無理なのか!?」

ふぎんが驚きを隠せない

「確かにいい腕を持っているようだが、テリエ程じゃないな」

リオナがダガーを再度構える

「風さん・・・あたしたちどうすれば?」

「・・・詠唱の長い魔法は唱え終わる前につぶされるかも・・・」

「とにかく、すぐに出せる魔法で援護しよう!」

「アイスランス!」

「ファイヤビット!!」

氷の刃と炎の玉がリオナに飛んでいく

「こんな下級魔法、俺が食らうと思うか!!」

火球をダガーで切り裂き、後続のランスを飛んでかわす

リオナが地面に着地した瞬間にマリーネが攻撃を繰り出す

着地した瞬間にもかかわらずに素早い動作で横に飛ぶリオナ

「風ちゃん、ヘルさん!かまわずに魔法を打ち続けてくれ!」

「わかった!」

アイスランスとファイヤビットを唱え続ける風結びとヘルサス










「くっ!!やはり全力でいかねば太刀打ちできんか・・・!」

プレッシングが立ち上がる

「おい、体力を回復してくれ。消耗している状態ではあいつには通用しない」

メタスがブレシングスキルを唱える

「よし・・・!いくぞ!!」

再度テリエに向かっていくプレッシング

「俺もいこう!一人じゃ無茶だ!」

ブルーがプレッシングに並んで走る

「これをみてから言うんだな!」

プレッシングが全身に力を込める

「食らえ!!」

プレッシングがテリエに向かって手をかざす

テリエの目の前に五芒星の魔方陣が突如現れた

「な、なんだこれは・・・!?」

「ぐっ・・・!?」

五芒星の魔方陣に動きを支配され、身動きが取れなくなるテリエ

「こ、この技は!!」

ブルーが驚く

「食らえ!!ピアシングスパイン!!」

五芒星の真ん中に槍を突き出すプレッシング

五芒星が破られ、テリエの体に槍が深々と突き刺さる

その衝撃でテリエが後方に吹っ飛ぶ

「い、今の技は・・・!!」

かなりの体力を消耗し、片膝をつくプレッシング

「ふん・・・お前なら知っているだろう」

「ピアシングスパイン・・・」











「代々のルアス王家に伝わる秘技・・・」









「そうか、君が失踪中の王子だったのか・・・」